エース岩隈、3年総額11億円で契約更改

12月26日、今シーズン投手部門でタイトルを総ナメにした岩隈久志投手は、3年総額11億円で来季の契約を更改した。年俸3億円はパ・リーグ投手でトップとなり、今季1億1000万円からの1億9000万円増は投手では史上最高の昇給額となった。

世界的な金融危機なんて何のその!

「彼の今年の活躍をみればこれくらいの金額があってもおかしくないと思う。2年後には国内FAも取得することになると思うし当然、それも考慮に入れた契約」と米田球団代表が説明した通り、ジャパニーズドリームを手中に入れた岩隈は、来シーズンから選手会長として楽天を引っ張っていってくれるだろう。

もう一人のエース(候補?)田中将大投手もこの日、1500万円増の年俸7500万円でサイン。8月の北京五輪出場に関し「同じペースで行けば2ケタは勝ったと判断。五輪も球団の顔として出場してくれたと考えた」と米田球団代表が説明した通り、今季の田中マー君は9勝止まりだったが、事実上の2ケタ査定となり、グッズ売り上げなど人気面も昨シーズン同様に加味された金額だった。これで、松坂、ダルビッシュに続く4年目の年俸1億超えの射程圏に入り、来シーズンの活躍如何では、史上初となる記録にも期待が高まった。
  
posted by 楽天ファン at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更改ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111789346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。