不本意な最終戦

昨日はシーズン最終戦(しかもホーム)だったが、試合内容は言わずもがなだが、シーズン最終戦ということもあり、試合終了後には、野村監督によるシーズン総括や選手会長の岩隈選手から挨拶があるかと思いきや・・・いくら監督の去就問題があるからって、最終戦を生で観戦しようとやっとの思いでチケットを手に入れ、球場に足を運んだファンも大勢いたことでしょう。しかし、終わってみれば、シーズン戦よりおそまつな終焉に愕然としました。

ファンとともに戦ってきたシーズン最終戦に、こんな形でシーズンを終えようとは思いもよりませんでした。

もっともホームでのCS第1ステージがあり、球団にとってはファンに対して何らかの形で終われるとは思いますが、運よくCSチケットを入手できた人ばかりがファンではなく、CSチケットを入手できた人だけが野村監督や岩隈選手の挨拶が聞ける(あくまでも想像ですが)というのは、シーズン最終戦に最後まで声援を送り続けた人に対して非礼ではないかと。

パ・リーグでは、3位のソフトバンクだって、もちろんリーグ優勝した日本ハムだって最終戦にはイベントがありました。ところが創設5年目にして勝ち取った2位という好成績でシーズンを終えた楽天イーグルスはどうでしょう。悲願のAクラス(参入初年度のあの悲壮感を乗り越えて)達成したにもかかわらず、昨日の出来事はどこか他人様のように感情が急速冷凍された気分でした。

CS第1ステージ⇒第2ステージ⇒日本シリーズ出場の可能性がゼロではないはずなのに、急に勝利への期待感が薄まったのは事実です。

せっかくCSチケット入手したのになぁ・・・
  
posted by 楽天ファン at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130101126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。