ノムの撹乱(かくらん)

楽天は、5月20日のセ・パ交流戦の初戦に王者・中日を終盤に突き放し5割に戻した。

先発した永井は、終わってみれば、ウッズにソロホームランを打たれるも”ナガいイニング”を1点に抑える快投だった。

特筆すべきことは、王者・中日の足元をすくう代走・塩川の2盗塁。

「あれでイケイケになった。相手もショックやろ。」と野村監督も言う通り、8回無死一塁、山崎の5球目に塩川が二盗。山崎が三振に倒れると、続くリックの初球、今度は三塁を陥れ、これをキッカケにフェルナンデス、鉄平、嶋、高須の安打で試合を決めた。

弱者が強者を倒した価値ある1勝で勢いに乗れるか。

まさに野球と天気予報は当たらない!?
  
posted by 楽天ファン at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97431169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。