マー君ヨレヨレでも「神の子、不思議な子」

昨夜の阪神戦は異例の先発予告をしたマー君が先発。

結果は、「阪神4−11楽天」と、阪神をKOした展開だったが、田中マー君は、序盤から制球に苦しみ、7回途中4失点とピリッとしない内容ながら、打線の大量援護に守られて今季6勝目を挙げた。

阪神にとっては、かつての指揮官(野村監督)に、すべてを見透かされたような試合だった。

阪神は今季最多の11失点で、登板した全投手が点を失い、岡田監督は「楽天が強いのがよう分かったわ」と唸るしかなかったみたいだ。

それにしても、マー君が投げると点を取ります。

マー君ヨレヨレでも「神の子、不思議な子」は健在!(最近ずっとよくないから心配...)
  
posted by 楽天ファン at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。